Windows7クリーンインストール時の WindowsUpdate時間短縮

スポンサーリンク

Windows7クリーンインストール時の WindowsUpdate適用手順です。
以前紹介した下記記事の、クリーンインストール版になります。

Windows7でWindowsUpdateが終わらなかったり時間がかかる場合の対処 パソコン鳥のブログ

では、手順です。

下記記事の「準備」と「WUA (Windows Update Agent) を最新にする」を実施します。

Windows7でWindowsUpdateが終わらなかったり時間がかかる場合の対処 パソコン鳥のブログ

次に、更新プログラム KB3020369 を適用します。
これを適用しておかないと、以降のロールアップ更新プログラム適用時に「この更新プログラムはお使いのコンピューターには適用できません」とエラーになります。

次の内、自分のPCに合った方のものをダウンロード・適用します。

Download Windows 7 用更新プログラム (KB3020369) from Official Microsoft Download Center
Download Windows 7 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB3020369) from Official Microsoft Download Center

その後、下記の「Windows Update の実行を早くする為の更新プログラム適用」を実施します。

Windows7でWindowsUpdateが終わらなかったり時間がかかる場合の対処 パソコン鳥のブログ

ただし、”最新の IE (Internet Explorer) の累積的なセキュリティ更新プログラム” の作業は不要です。
実施しようとしても「インストールの前に、Internet Explorer の更新が必要となります」とエラーになります。

これは、IEの累積的なセキュリティ更新プログラムはIE11が対象ですが、クリーンインストール時点ではIEのバージョンが8である為です。

ですので、”(補足 2) Windows 7 SP1 / Windows Server 2008 R2 SP1 環境の場合に、さらに適用していただきたい更新プログラム” だけを実施して下さい。
これで、ロールアップ更新プログラム KB3125574 が適用されます。

最後に、「手動適用が必要な更新プログラムの適用」を実施します。

Windows7でWindowsUpdateが終わらなかったり時間がかかる場合の対処 パソコン鳥のブログ

後は、ネットにつなげて Windows Update を実施すると、従来よりはるかに速い時間で完了します。

なお、今回、下記記事を参考にしましたが、上記の「手動適用が必要な更新プログラムの適用」をしないと、初回 WindowsUpdateで、更新の確認が1時間かかっても終わりませんでした。
上記手順では 10分くらいで終わるようになるので、この手順が重要のようです。

山市良のうぃんどうず日記(66):ロールアップ更新プログラムでWindows 7の新規インストールが楽になる (1/3) – @IT


コメント

タイトルとURLをコピーしました