Ubuntu でデフォルトルートが勝手に変わるのを防止する

スポンサーリンク

Ubuntu で複数NICを使っている場合に、特定のNIC上をデフォルトルートとしていたのに、ある時別のNIC上の経路がデフォルトルートになってしまうことがありました。

この時 syslogには、 NetworkManager が、次のようなログを残しています。この例では、 ‘有線接続 2’ (enx493effdcb743) を デフォルトルートとしています。

NetworkManager[714]:   [1594222382.3030] policy: set '有線接続 2' (enx493effdcb743) as default for IPv4 routing and DNS

5分~10分経つと、同じようなログが出て、元のデフォルトルートに戻るのですが、なぜこのように切り替わるかが不明です。

ただ、 デフォルトルートが切り替わると外部から接続できなくなったりして不便なので、特定のNIC(接続)が デフォルトルートにならないようにします。

次のように接続名を指定してコマンドを実行します。

nmcli con mod "接続名" ipv4.never-default yes

例えば、接続名が「 有線接続 2 」の場合、次のようにします。

nmcli con mod "有線接続 2" ipv4.never-default yes

これで、 指定の接続がデフォルトルートにならないようになるので、勝手に デフォルトルートが切り替わることはなくなります。

なお、nmcli con mod “接続名” ipv4.never-default yes を実行すると、
ファイル /etc/NetworkManager/system-connections/接続名 の [ipv4] セクションに
never-default=true
の行ができます。
直接このようにファイルを編集してもOKです。

参考

Debian – NetworkManager changes default routing policy – iTecTec

コメント

タイトルとURLをコピーしました