Linuxでの HDDの S.M.A.R.T.情報の取得と、HDD自己診断の実施方法

スポンサーリンク

Linux(CentOS,Ubuntu)で HDDの S.M.A.R.T.情報を表示させる方法と、HDDの自己診断の実行方法です。

HDDには S.M.A.R.T. と呼ばれる、HDDの項目値を読み出せる機能があり、これを通してHDDの各種情報を読み取ることが出来ます。
この情報には、読み込みエラーの回数・代替処置された不良セクタの数などがあり、HDDの障害を早期に発見する為に役立ちます。
取得できる情報にどのようなものがあるか、以下サイトで説明されています。

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology – Wikipedia

Windows では CrystalDiskInfo といったソフトで S.M.A.R.T.情報を表示できます。

CrystalDiskInfo – 窓の杜ライブラリ

以降で、Linux(CentOS,Ubuntu)で HDDの S.M.A.R.T.情報を表示させる方法と、HDDの自己診断の実行方法を説明します。
なお、文中のコマンドは root で実行して下さい。

物理HDDの確認

まず、システム上のHDDを確認します。
smartctl –scan を実行します。

下記例では、/dev/sda 、/dev/sdb の2つのHDDです。

# smartctl --scan
/dev/sda -d scsi # /dev/sda, SCSI device
/dev/sdb -d scsi # /dev/sdb, SCSI device

HDDが SMART対応か確認

smartctl コマンドでHDDデバイス名を下記のように指定して実行します。

smartctl /dev/sda -i

表示結果に以下のような行が含まれていると SMARTに対応しています。

SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

ソフトウェアRAID mdadm によるデバイスの場合は、当然 SMARTに対応していません。

# smartctl /dev/md0 -i
/dev/md0: Unable to detect device type
Smartctl: please specify device type with the -d option.

VirtualBox 等で仮想マシン上で Linuxを実行している場合も、SMARTに対応していません。

# smartctl /dev/sda -i
SMART support is: Unavailable - device lacks SMART capability.

USB-HDD の場合も、SMARTに対応していません。

# smartctl /dev/sdc -i
/dev/sdc: Unknown USB bridge [0x0411:0x0283 (0x100)]

但し、HDD-USB変換に使っているチップにメーカー独自のコマンドでSMARTを読み出す機能を持っているものがあるそうです。

USB接続のHDDからSMART情報を読み出す(外付けHDD or SATA/IDE-HDD変換ケーブル) – (旧)今日の出来事

smartctl コマンドで -d オプションを使用すれば良いようです。
-d オプションに続けて、どのような値を指定すべきかは、機器ごとに異なりますので、下記を参照して下さい。

Supported_USB-Devices – smartmontools

例えば、以下のように実行します。上記サイトに記載が無い機器でも、まずは下記のように -d sat で実行してみて下さい。

smartctl /dev/sdc -i -d sat

SMART情報表示

HDDが SMART対応か確認できたら、smartctl コマンドでHDDデバイス名と -A オプションを付けて実行します。
下記のようにSMART情報が表示されます。

# smartctl /dev/sda -A
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Attributes Data Structure revision number: 10
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  1 Raw_Read_Error_Rate     0x000f   117   094   006    Pre-fail  Always       -       132080352
  3 Spin_Up_Time            0x0003   095   094   070    Pre-fail  Always       -       0
  4 Start_Stop_Count        0x0032   099   099   020    Old_age   Always       -       1270
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0033   100   100   036    Pre-fail  Always       -       0
  7 Seek_Error_Rate         0x000f   084   060   030    Pre-fail  Always       -       310932712
  9 Power_On_Hours          0x0032   088   088   000    Old_age   Always       -       10973
 10 Spin_Retry_Count        0x0013   100   100   097    Pre-fail  Always       -       0
        :
        :

各項目の意味については、以下を参照して下さい。

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology – Wikipedia

HDDの自己診断

smartctl では、HDDの自己診断も行えます。
自己診断には Short , Extended , Conveyance の3種類ありますが、HDDによっては行えない自己診断もあります。

Shortでは、大抵10分以下で完了するような短時間の自己診断を実行します。
Extended では、より時間のかかる自己診断を実行します。
Conveyance では、デバイスの輸送中に受ける可能性があるダメージの有無を確認します。

HDDがどの自己診断を行えるかは、smartctl コマンドで -c オプションを付けて実行すると表示されます。
また自己診断を実行した際にかかる時間も表示されます。

以下例では、 Short , Extended , Conveyance の3種類とも対応しています。

# smartctl -c /dev/sdb
        :
        :
Short self-test routine
recommended polling time:        (   2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time:        (  62) minutes.
Conveyance self-test routine
recommended polling time:        (   5) minutes.

下記は、Conveyance の表示が無いので、Conveyance には対応していない場合です。

# smartctl -c /dev/sda
        :
        :
Short self-test routine
recommended polling time:        (   2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time:        ( 107) minutes.

まず、自己診断前に smartctl -l コマンドで HDDの自己診断の履歴を表示させます。
過去自己診断を実行した場合は、結果が記録されており、#1,#2,… の箇所に表示されます。

# smartctl -l selftest /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-39-generic] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Conveyance offline  Completed without error       00%     10941         -
# 2  Short offline       Completed without error       00%         0         -

自己診断の実行は、smartctl コマンドで -t オプションを付けて実行します。
-t に続けて short , long , conveyance を指定します。
自己診断 Extended の場合は、long を指定することに注意して下さい。

下記のように実行します。

# smartctl -t short /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-39-generic] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org
=== START OF OFFLINE IMMEDIATE AND SELF-TEST SECTION ===
Sending command: "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode".
Drive command "Execute SMART Short self-test routine immediately in off-line mode" successful.
Testing has begun.
Please wait 2 minutes for test to complete.
Test will complete after Wed Nov 26 16:33:49 2014
Use smartctl -X to abort test.

実行すると、すぐにプロンプトに戻りますが、バックグラウンドで自己診断は行われています。
Test will complete after の行に、終了予定時刻が表示されています。

自己診断の結果を見る場合は、下記のように -lオプションを使用します。
自己診断前は #1,#2 の2件だったのが、#1,#2,#3 の3件になっています。
#1 が最新の結果です。
この例では「Completed without error」となっており、エラーはありませんでした。

# smartctl -l selftest /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-39-generic] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%     10974         -
# 2  Conveyance offline  Completed without error       00%     10941         -
# 3  Short offline       Completed without error       00%         0         -

もし、自己診断の実行前と同様、#1,#2 の2件だった場合は、自己診断はまだ実行中です。

HDDによっては、時間がかかる自己診断では途中経過が表示されるものがあります。
下記例では #3 の箇所に進捗が表示されています。LifeTime 列が 10974 であることを覚えておきます。

# smartctl -l selftest /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-39-generic] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Conveyance offline  Completed without error       00%     10941         -
# 2  Short offline       Completed without error       00%         0         -
# 3  Short offline       Self-test routine in progress 20%     10974         -

数分後に確認すると、LifeTime 列が 10974 のものは #1 に移っています。
最新の結果は #1 に表示されています。

この例では「Completed without error」となっており、エラーはありませんでした。

# smartctl -l selftest /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-39-generic] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org
=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART Self-test log structure revision number 1
Num  Test_Description    Status                  Remaining  LifeTime(hours)  LBA_of_first_error
# 1  Short offline       Completed without error       00%     10974         -
# 2  Conveyance offline  Completed without error       00%     10941         -
# 3  Short offline       Completed without error       00%         0         -

実行中の自己診断をキャンセルするには、smartctl で -X オプションを付けて実行します。

smartctl /dev/sdb -X

キャンセルすると、smartctl -l コマンドで結果を表示した際に履歴に「Aborted by host」が残ります。

# smartctl -l selftest /dev/sda
        :
# 4  Conveyance offline  Aborted by host               90%      5361         -

以上、Linuxで HDDの S.M.A.R.T.情報を表示させる方法と、HDDの自己診断の実行方法でした。

参考

S.M.A.R.T. (日本語) – ArchWiki

ハードディスク障害か – torutkの日記

Manpage of SMARTCTL

USB接続のHDDからSMART情報を読み出す(外付けHDD or SATA/IDE-HDD変換ケーブル) – (旧)今日の出来事

Supported_USB-Devices – smartmontools

Umbrella Linux HDDの温度を調べるコマンド smartctl

@IT:ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を表示するには

Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology – Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました