いろいろなフォーマットのUSBメモリをLinuxでマウントする

スポンサーリンク

FAT(FAT16)、FAT32、exFAT、NTFSフォーマットのUSBメモリを、mountコマンドでマウントする際のオプションについてです。
以下の例では。USBメモリのデバイス名が /dev/sdc1、マウントポイントが /mnt/usb/ の場合です。
また、コンソールの文字コードは UTF-8 を想定しています。

FAT(FAT16)の場合

mount -o iocharset=utf8 -t vfat /dev/sdc1 /mnt/usb/

FAT32の場合

mount -o iocharset=utf8 -t vfat /dev/sdc1 /mnt/usb/

exFATの場合

mount -t exfat /dev/sdc1 /mnt/usb/

Ubuntuでは次のパッケージが必要です。

apt-get install exfat-fuse exfat-utils

NTFSの場合

mount -t ntfs /dev/sdc1 /mnt/usb/

Ubuntuでは次のパッケージが必要です。
ntfs-3g パッケージが無い場合は、読み込みのみ可能です。
インストールすると、書きこみも可能になります。

apt-get install ntfs-3g

参考

ファイルシステム(NTFS、exFAT、FAT32、FAT16)の違いについて – アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー
Linuxで読み込んだUSBメモリが文字化けした時の対処方法
Debian/UbuntuでexFATをマウントする方法 — ぺけみさお

コメント

タイトルとURLをコピーしました