WSL を再起動するには(wslコマンド)

スポンサーリンク

Windows10 の Windows Subsystem for Linux(WSL) で、再起動相当のことをするには、コンソールウィンドウを閉じるだけでは出来ません。コンソールを閉じても、バックグラウンドタスクが動作したり(できたり)します。

以前紹介した次の方法では、管理者権限が必要で、さらにシステム上で動作している複数ディストリビューションを全て再起動になります。
今回の方法では、ディストリビューション個別に再起動できます。

WSL を再起動するには: パソコン鳥のブログ

まず、PowerShell/コマンドプロンプトで次のコマンドを実行して、ディストリビューション名を確認します。

wsl -l 

インストールされているディストリビューション一覧が次のように表示されます。
((既定)はディストリビューション名に含みません)

Windows Subsystem for Linux ディストリビューション:
Ubuntu-18.04 (既定)
CentOS

wsl -t コマンドでディストリビューション名を指定して実行すると、そのディストリビューションを再起動できます。

wsl -t Ubuntu-18.04

参考

WSL を再起動する方法 – 備忘録
Rebooting Ubuntu on Windows without rebooting Windows? – Super User

コメント

タイトルとURLをコピーしました