USBシリアルデバイスをつなげているとマウスの動きが変になる場合の対処

スポンサーリンク

USBにつなげたシリアルデバイスが、マウスとして認識されてしまうトラブルが発生していました。
デバイスからPCへのデータ送信で、PCのマウスクリック発生や、マウスカーソルが勝手にジャンプするように飛び飛びに移動する現象でした。

こちらでは、この現象になる直前に、つなげてもいない Microsoft Serial Ballpoint のドライバがインストールされていました。

ネットでも、ちらほら同様の現象が報告されています。

回避策ですが、レジストリ HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\sermouse の Start の値を 4 に変更後、再起動します。
この設定で、シリアル マウス ドライバーを Windows上で無効にします。
現在ではシリアルマウスを使うことは無いので、無効にして構いません。

お手軽に変更するには、https://pcvogel.sarakura.net/pub/files/sermouse_set_startup.zip をダウンロードして下さい。
展開すると sermouse_set_startup.reg があるので、エクスプローラでダブルクリックすると、先述のレジストリに反映されます。

参考

Windows 7 でシリアル デバイスがシリアル マウスとして検出される – マイクロソフト コミュニティ
Windows 7 recognized USB GPS as a serial Mouse in Windows 7 – Microsoft Community

コメント

タイトルとURLをコピーしました