CentOS7/Ubuntu ですぐ時刻合わせする

スポンサーリンク

CentOS7/Ubuntu で、すぐ時刻合わせする方法です。

CentOS7 の場合

ntpdate を実行します。

ntpdate ntp.nict.jp

次のような表示が出て、すぐに時刻同期されます。

15 Sep 10:45:30 ntpdate[18995]: step time server 61.205.120.130 offset 586165.437581 sec

ntpdate実行で、次のような表示が出る場合は、ファイアウォールで UDP の送信が許可されていません。

 2 Sep 15:48:37 ntpdate[18621]: sendto(ntp-b3.nict.go.jp): Operation not permitted
 2 Sep 15:48:37 ntpdate[18621]: sendto(ntp-a3.nict.go.jp): Operation not permitted
 2 Sep 15:48:38 ntpdate[18621]: sendto(ntp-k1.nict.jp): Operation not permitted
 2 Sep 15:48:38 ntpdate[18621]: sendto(ntp-a2.nict.go.jp): Operation not permitted
 2 Sep 15:48:38 ntpdate[18621]: sendto(ntp-b2.nict.go.jp): Operation not permitted

例えば、iptables では次のようにして許可してください。
(時刻同期で使われる UDP,ポート番号123のみ許可しています)

iptables -A INPUT -p udp --dport 123 -j ACCEPT
iptables -A OUTPUT -p udp --dport 123 -j ACCEPT

正確でなくてもいいなら、次のサイトで date コマンドで設定してしまう方法が説明されていました。

Linux の日付の自動調整を即実行したい

次のコマンド実行で、時刻が設定されます。

date -s "`curl http://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/time`"

Ubuntu

ntpdate を実行します。
(デフォルトで ntpdate は入っていないので、apt install ntpdate でインストールします)

ntpdate ntp.nict.jp

次のような表示が出て、すぐに時刻同期されます。

15 Sep 15:57:56 ntpdate[30598]: adjust time server 61.205.120.130 offset 0.001531 sec

ntpdate実行で、次のような表示が出る場合は、ファイアウォールが UDP の送信が許可されていません。

15 Sep 16:00:31 ntpdate[30651]: sendto(ntp-b2.nict.go.jp): Operation not permitted
15 Sep 16:00:31 ntpdate[30651]: sendto(ntp-a2.nict.go.jp): Operation not permitted
15 Sep 16:00:31 ntpdate[30651]: sendto(ntp-b3.nict.go.jp): Operation not permitted
15 Sep 16:00:32 ntpdate[30651]: sendto(ntp-k1.nict.jp): Operation not permitted
15 Sep 16:00:32 ntpdate[30651]: sendto(ntp-a3.nict.go.jp): Operation not permitted

例えば、ufw では次のようにして許可してください。
(時刻同期で使われる UDP,ポート番号123のみ許可しています)

ufw allow proto udp to any port 123

正確でなくてもいいなら、次のサイトで date コマンドで設定してしまう方法が説明されていました。

Linux の日付の自動調整を即実行したい

curl コマンドを使用していますが、Ubuntuではデフォルトで入っていないようです。
wget はデフォルトで入っています。
次のコマンド実行で、時刻が設定されます。

date -s "`wget -q -O - http://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/time`"

curl を使う場合(apt install curl でインストール)は次のようにします。

date -s "`curl http://ntp-a1.nict.go.jp/cgi-bin/time`"

参考

Linux の日付の自動調整を即実行したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました