デスクトップPCの電源が入らない場合の確認方法

スポンサーリンク

デスクトップPCの電源が入らない場合に故障が電源ユニットか、マザーボードか、電源ボタンかの切り分け方です。

電源ユニットの故障かを確認する

電源ユニットを単独で動作させてみます。電源ファンが回らない場合、電源ユニットの故障です。

単独で動作させるには、電源コネクタの POWERオン用のピンを通電させます。
マザーボードと電源ユニットをつないでいるコネクタを外し、下記サイトに記載の2か所のピン(電源ユニット側ですよ)をショートさせます。
わたしはショートさせるのに、クリップの一部分を切ってU字型にしたものを使っています。

電源を単独起動させる方法 – 百折不撓

なお、あらかじめ電源ユニットのブレーカを切るか、コンセントから抜いてからピンをショートするように金具やクリップを刺し、その後に電源ONするようにしましょう。

マザーボードの故障かを確認する

PCの電源ボタンからマザーボード上のピンまで、2本のケーブルで繋がっています。
ケーブル上の電源ボタンを押すと、マザーボード上の2本のピンがショートします。

電源ユニットとマザーボードのケーブルはつなげておいて下さい。
電源ユニットの電源をONにした状態で、マザーボード上のピンを直接ショートさせてみます。
電源が入らなければ、マザーボードの故障です。

通常、ショートさせるべきピンは隣り合っていますので、わたしはショートさせるのに、マイナスドライバを使っています。

マザーボード上のどのピンがPOWERオン用かは、マザーボードのマニュアルで確認します。
フロントパネルコネクタが10個のピンでまとまっているタイプは、下記サイトで説明があります。

フロントパネルコネクタ パソコン初心者講座

さて、これで電源が入った場合は、電源ボタンかそれに繋がっているケーブルの断線です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました