WSL で Windowsのディスク領域を Linuxディスク領域のように使う

スポンサーリンク

WSL は、/mnt/c を経由して、Windowsの Cドライブへアクセスできます。
同様に Dドライブでは /mnt/d 等のようにアクセスします。
ただし、このマウント先はあくまでも Windowsのファイルフォーマットなので、Linux のパーミッション等は反映されません。
Linuxのディスク領域のように使うには、次のようにします。

/etc/wsl.conf に以下を追加します。
ファイルが無かった場合は新規作成して下さい。

[automount]
options = "metadata"

これで、Windows再起動後からは、WSL で /mnt/c 経由でも、Linuxのディスク領域のようにパーミッション等も保存されます。

Windows再起動せずに、すぐにWSLに反映させたい場合は、WSLを再起動して下さい。

WSL を再起動するには: パソコン鳥のブログ

また、注意点があります。

WSL経由で作成したファイルを、Windows側から書き込み操作すると、パーミッション情報などが破損します。
読み込みは問題ありません。
WSLで作成したファイルは、WSLからのみ書き込みするようにしてください。

参考

WSLからマウントしたWindowsのドライブでchmodしたい – Qiita

コメント

タイトルとURLをコピーしました