Python のモジュールをローカルにインストールして利用する

スポンサーリンク

Pythonモジュールを指定の箇所にインストールして利用する方法です。
なお、Perlの場合は perlモジュールをローカルにインストールして利用する方法 | パソコン鳥のブログ を参照してください。

モジュールのインストール先を指定する

pip の -t オプションでモジュールのインストール先を指定します。
例えば次の例では、モジュール requests は、/home/user/lib/requests にインストールされます。

pip install requests -t /home/user/lib

Pythonスクリプトでは、次のように sys.path.append でモジュールのインストール先パスを指定します。

import sys
sys.path.append("/home/user/lib")

import requests

pipコマンドが無い場合

pipコマンドが無い場合は、次のようにして導入します。
導入では、ユーザディレクトリ下にインストールされるので、root権限は不要です。

インストール用スクリプトを取得します。

Pyton3の場合
wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py

Pyton2の場合
wget https://bootstrap.pypa.io/pip/2.7/get-pip.py

続けて次のコマンドを実行し、pipコマンドをインストールします。

python get-pip.py

インストール成功すると、「Successfully installed pip-xx.xx.x wheel-y.yy.y」のような表示が出ます。
インストール先パスは、 Successfully の表示より前に、下記のように出力されます。
下記では、 /home/test/.local/bin 下にインストールされています。

WARNING: The scripts pip, pip2 and pip2.7 are installed in '/home/test/.local/bin' which is not on PATH.

あとはインストール先にパスを通すか、 /home/test/.local/bin/pip のようにフルパスで実行します。

pipコマンドを導入出来たら、あとは先の「 モジュールのインストール先を指定する 」に従って、 Pythonモジュールを指定の箇所にインストールして利用できます。

参考

UbuntuにPythonとpipをソースビルドでインストー ルする | Hornet|静岡拠点のWeb、ホームページ制作
python — (Python)ライブラリをインストールする代わりにローカルで使用する

コメント

タイトルとURLをコピーしました