CentOS7/8でlvインストール(2021)

スポンサーリンク

CentOS7/8 で lv をインストールする方法です。

以前、次の記事で紹介していたリンク先がダウンロードできなくなったので、本記事の手順でlvを導入してください。

CentOS7でlvインストール(RPMパッケージ版) | パソコン鳥のブログ
CentOS8でlvをインストールする | パソコン鳥のブログ

RPMパッケージでインストール

次のコマンドを実行します。

wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/7Server/x86_64/Packages/l/lv-4.51-25.el7.x86_64.rpm
rpm -ivh lv-4.51-25.el7.x86_64.rpm

rpm実行で次のエラーが出たら、yum install ncurses-compat-libs を実行後に rpm を実行して下さい。

error: Failed dependencies:
        libtinfo.so.5()(64bit) is needed by lv-4.51-25.el7.x86_64.rpm

RPMパッケージを展開しローカルに置いて使う

この方法はroot権が無くともlvを使えます。

lvで必要なファイルを置くディレクトリを用意します。
以下はそのディレクトリでの作業です。

次のコマンドを実行します。
必要なRPMパッケージをダウンロードして展開しています。

wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/7Server/x86_64/Packages/l/lv-4.51-25.el7.x86_64.rpm
rpm2cpio lv-4.51-25.el7.x86_64.rpm | cpio -id

wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/8-stream/BaseOS/x86_64/os/Packages/ncurses-compat-libs-6.1-9.20180224.el8.x86_64.rpm
rpm2cpio ncurses-compat-libs-6.1-9.20180224.el8.x86_64.rpm | cpio -id

次のコマンドを実行し、必要な箇所にパスを通します。
XXXX の箇所には、先に作成した lvで必要なファイルを置くディレクトリ(上記のrpm2cpioを実行したディレクトリ)を記述してください。

export LD_LIBRARY_PATH=XXXX/usr/lib64:$LD_LIBRARY_PATH
export PATH=XXXX/usr/bin:$PATH

これで、lvが使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました