ExcelのPDF変換で意図しない文字に置き換わらないようにする

スポンサーリンク

Excel で PDF として出力する方法によっては、ある文字が意図しないものに置き換わります。
「長」「鬼」の文字が、「⾧」「⿁」といった見た目が同じで文字コードが異なる別の文字に変わります。
この別の文字は康煕部首(こうきぶしゅ)というもので、次のページで WORD の場合の変換について、かなり詳しく調査されています。

PDF に変換すると康熙部首に置き換わる問題について
康熙部首(Kangxi Radicals)問題の調査 PDF 変換テスト結果一覧

置き換わってしまう文字で常用漢字であるのが「長」「鬼」の文字です。

そこで、この「長」「鬼」について、Excel(バージョンはOffice2019)でPDFに変換した場合に、文字が置き換わってしまうか、次の内容のファイルを作って調べてみました。

フォントは次の4つです。

  • メイリオ
  • 游ゴシック(Yu Gothic)
  • MS Pゴシック
  • MS P明朝

PDFへの出力方法は次の3つで試しました。

  • 名前を付けて保存でPDF指定
  • 印刷で「Microsoft Print to PDF」を指定
  • エクスポートで「PDF/XPS dpキュメントの作成」を指定

では結果です。

名前を付けて保存でPDF指定の場合

「長」「鬼」ともに、置き換わった文字はありませんでした。

印刷で「Microsoft Print to PDF」指定の場合

メイリオ、游ゴシック(Yu Gothic)で文字が変わりました。
MS Pゴシック、MS P明朝 は変わりませんでした。

エクスポートで「PDF/XPS dpキュメントの作成」の場合

「長」「鬼」ともに、置き換わった文字はありませんでした。

結論

Excel では、PDFに出力する場合は、「名前を付けて保存」でPDF を指定するか、エクスポートで「PDF/XPS dpキュメントの作成」でPDFに出力すれば、文字が置き換わりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました