WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xpra

スポンサーリンク

WindowsでリモートLinuxのGUIアプリを表示させるには、次の記事で紹介したXサーバがありますが、Firefox等アプリによっては動作がとても遅いものでした。
そこで、高速に動作する Xpra を紹介します。

WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ Xming | パソコン鳥のブログ
WindowsでリモートのLinuxのGUIアプリを表示させる-Xサーバ VcXsrv | パソコン鳥のブログ
Windows用Xサーバ Cygwin/X | パソコン鳥のブログ

準備

リモートLinux

Xpra をインストールします。Ubuntuでは次のようにします。

apt install xpra

/etc/X11/Xwrapper.config 内の allowed_users の行を次のようにします。

allowed_users=anybody

ローカルWindows

ローカルのWindowsで、Xpra のページで、「for Microsoft Windows microsoft windows 64-bit」の箇所のリンクから Xpra をダウンロード・インストールします。

xpra home page

Windowsから接続

リモートLinuxでの作業

リモートLinuxへssh接続し、次を実行します。
:20 の部分はディプレイ番号です。ここで指定した値を、Windowsから接続する際に指定します。

xpra start :20

続けて次を実行します。:20 の部分は xpra start で指定したディプレイ番号です。

export DISPLAY=:20

ローカルWindowsでの作業

Windowsでスタートメニューから xpra を起動します。

起動後、[Connect]を押します。

続いて現れた画面で、Mode: の箇所で SSH を選択します。
Server: の箇所で、リモートLinuxのユーザー名、サーバ名 を指定します。
赤枠の箇所は、リモートLinux で xpra start :20 と実行した際の数字を指定します。今回の例では20です。
最後に Connectボタンを押します。

接続できると、タスクトレイに次のアイコンが出ます。

この状態で、リモートLinuxへssh接続していたターミナルで、xeyes等のアプリを実行してみてください。
Windows上に表示されます。

接続をやめる

ローカルWindowsのタスクトレイの次のアイコンを右クリックし、出てきたメニューで Disconnect を選択します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: xpra_windows_3.png

リモートLinuxにつなげていたssh接続で、次を実行します。

xpra stop

Xpraでの設定が不明なもの

次の設定方法がわかっていません。Xpraのドキュメントを見る限り、Xpraでは実装されていて、できそうなのですが・・

・日本語入力
・音声再生

参考

Xpra(Xアプリリモートビューワー)について
Xpra – ArchWiki
Using Xpra

コメント

タイトルとURLをコピーしました