ssh接続をWindowsのネットワークドライブにするWinFSPだけど、リソースリークが発生している・・

スポンサーリンク

以前、ssh接続をWindowsのネットワークドライブとして扱えるソフトを下記の記事で紹介しました。

ssh接続をWindowsのネットワークドライブとして扱えるソフト | パソコン鳥のブログ

WinFSP は紹介時、リソースリークが発生していましたが、現在でも発生しているようです。

パフォーマンスモニターで WinFSP に関するプロセス sshfs の Handle Count を見ていると、ファイルreadの度に増加します。
下記グラフは、WinFSPで割り当てたネットワークドライブのファイルを連続してオープンした際の使用ハンドル数です。
テストで大量にファイルオープンしましたが、ファイルオープンするたびに使用ハンドル数が上昇しています。

WinFSPでハンドルリーク発生

長時間使うと、そのうちリソース枯渇して動作しなくなりそうです。

今回試したバージョンは、2021年7月6日時点の最新版 WinFsp v1.9 (2021) + SSHFS-win v3.5 です。
(WinFspの動作には SSHFS-win も必要です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました