Windows10でノートパソコンを無線LANアクセスポイントにする

スポンサーリンク

以前紹介した、ノートパソコンを無線LANのアクセスポイントにするフリーソフト Virtual Router は Windows10 でも動作します。

ノートパソコンを無線LANアクセスポイントにする パソコン鳥のブログ


2017.7.20
現在は標準機能で、Windows10を無線LANのアクセスポイントにできます。
次の記事を参照してください。
Windows10ノートパソコンをOS標準機能で無線LANアクセスポイントにする パソコン鳥のブログ

画像

Windows10 で Virtual Router を動作させるには、.NET Framework3.5 が必要です。
インストールを以降の手順で実行します。

スタートメニューで右クリックし、現れたメニューから コントロールパネル->プログラム->Windowsの機能の有効化または無効化、とたどります。

次の画面が出るので、.NET Framework3.5(.NET2.0および3.0を含む) にチェックを入れ、OKを押します。

画像

下の画面になるので、「Windows Update からファイルをダウンロードする」をクリックします。

画像

しばらくすると、「必要な変更が完了しました」と表示されます。
「閉じる」ボタンを押すと、.NET Framework 3.5のインストールは完了です。

次のページの「download」ボタンを押して、VirtualRouter のインストーラをダウンロードします。

http://virtualrouter.codeplex.com/

ダウンロードしたインストーラを実行します。
実行後、Nextボタンを押していけばOKです。
「ユーザーアカウント制御」の画面が出たら、「はい」を押してください。

最後に「Close」を押したら VirtualRouter のインストール完了です。

VirtualRouter を起動すると、次の画面になります。

画像

具体的な使い方は、下記の記事の「使用方法」と同じです。

ノートパソコンを無線LANアクセスポイントにする パソコン鳥のブログ


コメント

  1. みた より:

    自分のpcでもできました!!教えてくれてありがとうございます^^

  2. パソコン鳥 パソコン鳥 より:

    コメントありがとうございます!
    お役に立ててよかったです。

タイトルとURLをコピーしました